インプラントと入歯の比較

歯を失ってしまった時に、保険で治療を行うと入歯になりますが、粘膜の上にのせているだけなので、落ちてしまったり、噛みにくいという面があります。比較すると、インプラントは保険がきかないために治療費は高くなりますが、チタン製のネジを顎の骨に埋め込むので、外れる心配がありません。骨とチタンは結合する性質があり、本物の歯のような噛み心地を実現します。インプラントに使われる人工歯は、セラミックといって透明感のある白い素材なので、見た目も自然で本物の歯のような質感を出すことができます。入歯との違いは一目瞭然です。

入歯からインプラント治療

インプラント治療は、総入歯の人などの、ほとんど自分の歯がないような人でも治療をすることができます。歯茎の状態によっては、歯茎の再生治療を受ける必要がありますが、歯茎の状態が良好な場合は、きちんと治療を受けることができます。インプラント治療は、入歯などのたくあんの歯を失った人に向けられた治療方法も開発されています。金属をあまり埋め込まないで治療をすることができる治療方法であるため、手術に必要な費用を抑えることができるため、治療を行いやすくなっています。短時間で多くの歯を手にすることができるため、人気が高くなっていて、治療ができるクリニックが多くなっています。

↑PAGE TOP