インプラント治療年齢制限

インプラント治療は若い人が行なうものだという認識を持っている人は多いです。もちろんあごの骨が丈夫な若い人の方が治療に適しているということはいえますが、年配者であってもあごの骨がしっかりとしていれば治療を行うことは可能です。入歯があわないことで日常生活の質が低下していた人がインプラントにかえることで食生活や人とのコミュニケーションが大きくかわり、性格が明るくなったり生活が大きく改善したという報告はたくさんあります。体が健康であれば年齢制限は基本的になく、事前の検査で治療が可能となれば年配者でも治療を受けることが出来ます。

インプラントと入歯との違い

インプラントは歯周病や怪我などではを失ってしまった場合、元どおりに近い状態に戻す治療方法です。入歯で治療する場合はまず歯茎に被せて留め具で固定するという方法になるために、隙間が生まれやすいということがあります。隙間に食べ物が挟まって痛みや臭いの原因になることが良くあるのです。見た目にも留め具である金具が見えてしまうので、会話の時にも気になってしまうものなのです。しかしインプラントにはそのようなことがありません。歯茎の骨に埋めるために隙間もなく天然の歯と同じように噛むことができ、金具も見えないので気になりません。

↑PAGE TOP