インプラントと入歯の利用者割合

インプラント治療は基本的に自費診療になるため1本あたり40万円前後と高額な治療方法になり、入歯の場合は健康保険が適用されるためサイズによりますが1万円前後と安い費用で作ることが出来るので利用者の割合としては入歯の方が多くなります。しかし噛み合わせの改善や他の歯への負担の軽減、審美的な観点からインプラント治療は義歯治療の中でも優れている治療方法の1つともいえるため、人気があることもまた事実です。治療にかかる費用や治療計画などをしっかりと歯科医師と相談し、今の自分にとって何がベストな選択なのかを決めることも大切です。

入歯でなくインプラントする理由

インプラントは喪失した歯を取り戻すということで入歯との選択になることが多いものです。もちろん治療費の問題もあるために一概に断言することはできませんが、もし可能なのであれば入歯ではなくインプラントを選択した方が良いでしょう。この治療は顎の骨に直接固定するという特徴があるため、食事の際の噛み心地を失うことなく、本来の歯に近い機能を取り戻すことができるからです。加えて審美的にも非常に優れていますし、最近だとかつてよりも安い価格で治療を提供するクリニックが増えてきていますから、もし食事の楽しみを持ち続けたいならこちらを選んでください。

↑PAGE TOP