インプラントと入歯の併用

入歯が不安定でちゃんとかむ事が出来ない悩みにインプラントとの併用は有効です。これを行う事で歯がぴったりフィットします。また単品でやるよりまとめて行う為固定が二カ所から四カ所で済ませる処理が早くなります。 インプラントと入歯の併用の場合埋め込んでしまうタイプとマグネットで脱着出来る様にしてあるタイプがあります。マグネットの場合はバネや仕掛けは無く単に磁石を埋め込むため磁力で着脱します。そして手入れが簡単であるメリットがあります。 ただしこの治療は歯科医の腕次第で善し悪しがあるので信頼出来る歯科医師に治療をしてもらう事が重要です。

入歯の人のインプラント治療

インプラントの治療は、入歯をしているような人でも行うことができます。しかし、金属を顎の骨に入れるような治療を行うため、顎の骨の量がある程度確保されていないといけません。顎の骨があまりない場合には、顎の骨の量を増やすために再生医療などを受ける必要があり、治療に必要な時間がある程度かかってしまう場合もあります。インプラントは、一度にたくさんの歯を同時に埋め込んでもらうことが可能であり、手術をあまり受けなくても治療をしていくことができます。麻酔は局所麻酔を使うため、体にあまり負荷を与えないで治療ができ、魅力が多いです。

↑PAGE TOP